ユビデカレノンは病院に行かなくても買える!薬剤師が徹底解説!

ユビデカレノンは病院に行かなくても買える!薬剤師が徹底解説!

ユビデカレノン
ユビデカレノン

こんにちは!

大阪で「処方箋なしで病院の薬が買える」アリス薬局の薬剤師 石井結衣です。

 

アリス薬局のHPはこちら

 

本日はユビデカレノンについて解説していきたいと思います。

ユビデカレノンは、医療用医薬品として「ユビデカレノン錠」という名前で販売されています。

別名「コエンザイムQ10」で有名なお薬です

このユビデカレノン錠は病院で出してもらう以外に入手方法はないのか?

 

あります!

 

市販で医療用医薬品のユビデカレノン錠を購入することはできません。

処方箋なし(零売)薬局で買いましょう!

 

ユビデカレノンを処方せんなしで購入したい方はこちら

 

1、どんな薬?

 

【成分量】

1錠中 ユビデカレノン10㎎

 

【効果】

基礎治療施行中の軽度及び中等度のうっ血性心不全症状

 

【働き】

・体内でエネルギー産生を行う

ユビデカレノンが足りなくなると、細胞内でエネルギー産生が滞り、細胞本来の働きができなくなります。

・心機能改善

心臓の酸素利用効率を高めて心臓の働きを助けてくれます。

心臓のポンプ機能が低下すると、血液の循環が悪くなり、息苦しさやむくみを感じやすくなります。このお薬は血液や水分の循環が良くなり、むくみ、息苦しさ、疲れの改善、心不全の予防が期待できます。

ただ、効果が強いお薬ではないので、他の強心薬と併用するなど補助的に用います。

・抗酸化効果

ユビデカレノンは、身体のサビつきを直接抑制する効果と、関節的に抑制する効果があります。

間接的な抑制効果は、一度役目を終えたビタミンEをまた元に戻す働きです。

ビタミンEは脂質の酸化抑制に働き、LDLコレステロールの酸化抑制や、赤血球の破壊を防ぎます。

・肌の老化を防止する

紫外線や外部からのストレスによって生じる活性酸素を抑え肌細胞の酸化を防ぎます。

肌の老化を防ぐことで小じわ、肌のザラツキやシミ予防に繋がります。

・卵巣予備能の維持

ミトコンドリアの働きの改善しエネルギー産生を行うことで、加齢による卵巣老化を遅らせる可能性があることがわかっています。

このことから、年齢による妊娠率の低下を遅らせるために使用されることもあります。

 

【用法及び用量】

通常成人は1回10mgを1日3回食後に経口投与する。

 

ユビデカレノンを処方せんなしで購入したい方はこちら

 

【副作用】

殆どありません。

 

2、購入方法は?

【市販薬】

健康食品やサプリメントでも類似商品が市販で販売されていますが、医薬品のユビデカレノン錠は購入することができません。

 

【処方箋無しで購入】

大阪の零売薬局であれば、ユビデカレノン錠を処方箋なしで購入することができます。

 

ご注文はこちら

 

大阪:アリス薬局 https://aliceyakkyoku.com/product-list

お気軽にお問合せ下さい。

 

3.お問い合わせ

お電話、お問い合わせフォームなどからお気軽にお問い合わせください

住所:大阪市中央区北久宝寺町2-4-14 1階

電話番号:06-7710-6509

 

HP:https://aliceyakkyoku.com

 

メーカー情報

お薬110番

一般社団法人 日本スキンケア協会

参考文献

専門家の紹介
薬剤師 アリス薬局代表
石井結衣

大学でレチノールを研究し、美容皮膚専門薬局に勤務後、漢方専門薬局で中医師に弟子入り。
その後アリス薬局を開業して、シミ・肝斑・ニキビ・アトピー、婦人科疾患など様々なカウンセリングを行っている。

 

 

関連記事

ヒルドイドの効果・副作用・ジェネリックを解説

こんにちは 大阪で処方せんなしで病院の薬が買える薬局アリス薬局の石井です   今日は、最もお求めの多い「ヒルドイド」についてのお話です! 最近、女優の田丸麻紀さんがSNSで紹介されたことでも話題になったようです […]

詳細を見る

オロパタジンの効果・副作用・市販薬について徹底解説!

こんにちは 大阪で処方せんなしで病院の薬が買える薬局アリス薬局の石井です 🙂   秋の花粉症が始まる時期は、お盆が過ぎた頃から1月頃までのようです。 春の花粉症も2月くらいから始まる人もいるので、花粉症と慢性鼻 […]

詳細を見る