病院でもらうムコスタが処方箋なしで買える!成分・効果・副作用は?

こんにちは

処方せんなしで病院の薬が買える薬局アリス薬局の石井です 🙂

今回は、ロキソニンなどの鎮痛剤と一緒にでることの多い「ムコスタ」の成分や効果について詳しく解説していきます!

ムコスタは胃炎・胃潰瘍治療剤で、胃粘膜保護のお薬です

 

ムコスタって、実は目薬にもあるってご存知でした?

ムコスタ(レバミピド)は粘膜修復作用があるので、ムチンを増やしてドライアイの治療薬として使われます!

 

【成分】

1錠中

レバミピド 100mg

 

ムコスタのジェネリック医薬品の名前はレバミピド錠ですね

同じピンク色のパッケージです

 

ジェネリック医薬品とは、ほとんどのものが、成分の名前になっています

だから、ムコスタだと

商品名:ムコスタ

成分名:レバミピド

という訳です♪

 

【効果・効能】

胃潰瘍

急性胃炎、慢性胃炎の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善

 

病院で鎮痛剤(ロキソニン等)と一緒に処方される胃のお薬がムコスタです

先日もお話させて頂いたように、ロキソニンなどの鎮痛剤(NSAIDs)は、痛みを伝達する物質をブロックする時に、胃粘膜を保護する粘液が出るのも一緒にブロックしてしまいます。。。

 

そこで、ムコスタ(レバミピド)が粘液を増やして、胃を保護します。そのため、胃の副作用防止のために一緒に処方されるのです。

 

【メカニズム】

胃薬には2種類あり、

「防御因子増強」=胃を守るものを増やす薬

「攻撃因子の減弱」=胃に負担のかかるものを減らす薬

に分けられます

 

ムコスタ(レバミピド)は防御因子増強薬で、胃粘液の産生・分泌を促進します。

胃酸は強い酸性なので、粘液がないと胃を荒らしてしまいます。それは、胃炎や胃潰瘍につながります。

お腹が空きすぎて胃が痛くなるというのは、胃酸が胃を荒らしてしまっているからですね。

そんな時に、粘液が胃を保護してくれるので、その粘液を増やすことで胃を守ってくれます。

 

 

【副作用】

・発疹、痒み(0.1%未満)

・便秘、下痢など(0.1%未満)

副作用は比較的少ないお薬です!

 

 

【飲み方】

胃潰瘍:1回1錠を1日3回、朝、夕、寝る前にのむ

急性胃炎、慢性胃炎の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善:1回1錠を1日3回のむ

 

ムコスタを薬局で直接買いたい方はこちらへ

関連記事

トローチの成分や効果・副作用・市販薬について徹底解説!

こんにちは!アリス薬局の石井です。 いつもブログをお読み頂きまして、ありがとうございます。 寒い日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。 風邪をひきやすいこの時期に風邪の予防と風邪にかかってしまったときにおすすめ […]

詳細を見る

鼻花粉症にはアレロックが使用される理由を徹底解説!

こんにちは。アリス薬局の冨尾です 🙂 そろそろ花粉が飛び散る季節ですね。 今回は、花粉症でも鼻!に非常に効果が高いアレロック(オロパダジン)について解説します。 鼻花粉の三大症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。 アレロ […]

詳細を見る

シナール配合錠の成分・効果・副作用を徹底解説!

こんにちは 大阪で処方せんなしで病院の薬が買える薬局アリス薬局の石井です 🙂   抗酸化ビタミンとして有名なビタミンC! ただやみくもに、サプリメントのんでませんか? ビタミンCは、肌荒れ、しみ、たるみ、または […]

詳細を見る