MENU

ラキソベロン内用液

商品名 ラキソベロン内用液
価格 ラキソベロン内用液0.75% 690円(1本10ml)
成分・含量 1ml中
ピコスルファートナトリウム水和物 7.5mg
効果・効能 1.各種便秘症
2.術後排便補助

3.造影剤(硫酸バリウム)投与後の排便促進
4.手術前における腸管内容物の排除
5.大腸検査(X線・内視鏡)前処置における腸管内容物の排除
用法・用量 1.各種便秘症
通常、成人に対して1日1回10~15滴(0.67~1.0mL)を経口投与する。
小児に対しては1日1回、次の基準で経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
年齢6ヵ月以下:2滴(0.13mL)年齢7~12ヵ月:3滴(0.20mL)年齢1~3才:6滴(0.40mL)年齢4~6才:7滴(0.46mL)年齢7~15才:10滴(0.67mL)
2.術後排便補助
通常、成人に対して1日1回10~15滴(0.67~1.0mL)を経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
3.造影剤(硫酸バリウム)投与後の排便促進
通常、成人に対して6~15滴(0.40~1.0mL)を経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
4.手術前における腸管内容物の排除
通常、成人に対して14滴(0.93mL)を経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
5.大腸検査(X線・内視鏡)前処置における腸管内容物の排除
通常、成人に対して検査予定時間の10~15時間前に20mLを経口投与する。
薬効・薬理 ①腸管蠕動運動の亢進作用
②水分吸収阻害作用
製造元 帝人ファーマ株式会社

詳しくはメーカー
公式サイトへ

LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら

堺筋本町店

梅田店