MENU

アンテベートローション0.05%

ステロイドの強さのレベルは5段階で2番めに強い「とても強い」です。
皮膚の炎症を抑える働きがあり、湿疹やアトピー性皮膚炎、乾癬などの治療に使用します。
こちらはローションタイプなので、軟膏やクリームに比べ伸びがよいため、頭部にできた湿疹や円形脱毛にも使用しやすい剤形となっています。
商品名 アンテベートローション0.05%
価格 アンテベートローション0.05%
1本 1,793円税込
市販薬 市販で医療用医薬品のアンテベートローションを購入することはできません。
成分・含量 アンテベート軟膏0.05%1g中                                                                  ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル0.5mg
効果・効能 湿疹・皮膚炎群(手湿疹、進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、虫さされ、薬疹・中毒疹、痒疹群(ストロフルス、じん麻疹様苔癬、結節性痒疹を含む)、紅皮症、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑)、ジベル薔薇色粃糠疹、掌蹠膿疱症、扁平紅色苔癬、慢性円板状エリテマトーデス、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病)、円形脱毛症、肥厚性瘢痕・ケロイド、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、アミロイド苔癬、水疱症(天疱瘡群、ジューリング疱疹状皮膚炎・水疱性類天疱瘡)
用法・用量 通常、1日1〜数回、適量を患部に塗布する。
薬効・薬理 皮膚の炎症を抑える働きがあり、赤み、はれ、かゆみなどの症状を改善するステロイドの塗り薬です。
副作用 皮膚の真菌症(カンジダ症、白癬など)、細菌感染症〔伝染性膿痂疹、毛嚢炎(吹き出もの)など〕、ざ瘡(ニキビ)、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、ステロイド紅潮など)、刺激感、湿疹などが報告されています。
製造元 鳥居薬品株式会社

詳しくはメーカー
公式サイトへ

注意

注意事項欄

乳幼児、小児の手の届かないところで、光、湿気を避けて容器のまま室温(1〜30℃)で保管してください。
LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら

堺筋本町店

梅田店