MENU

カロナール錠

商品名 カロナール錠
価格 カロナール錠300mg
10錠 550円
成分・含量 1錠中
カロナール200 アセトアミノフェン 200mg
カロナール300 アセトアミノフェン 300mg
効果・効能 ・頭痛,耳痛,症候性神経痛,腰痛症,筋肉痛,打撲痛,捻挫痛,月経痛,分娩後痛,がんによる疼痛,歯痛,歯科治療後の疼痛,変形性関節症の鎮痛
・急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む) の解熱・鎮痛
・小児科領域における解熱・鎮痛
用法・用量 ①頭痛,耳痛,症候性神経痛,腰痛症,筋肉痛,打撲痛,捻挫痛,月経痛,分娩後痛,がんによる疼痛,歯痛,歯科治療後の疼痛,変形性関節症の鎮痛
→通常,成人にはアセトアミノフェンとして,1回300~1000mgを服用し,服用間隔は4~6時間以上とする。
なお,年齢,症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。



②急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む) の解熱・鎮痛
→通常、成人にはアセトアミノフェンとして、1回300~500mgを頓用する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、原則として1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。
③小児科領域における解熱・鎮痛
→通常、幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10~15mgを服用し、投与間隔は4~6時間以上とする。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として60mg/kgを限度とする。
ただし、成人の用量を超えない。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。
薬効・薬理 シクロオキシゲナーゼ阻害作用は殆どなく,視床下部の体温調節中枢に作用して皮膚血管を拡張させて体温を下げる。
鎮痛作用は視床と大脳皮質の痛覚閾値をたかめることによると推定される。
製造元 あゆみ製薬株式会社

詳しくはメーカー
公式サイトへ

LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら