MENU

ボタンをタップすると
そのままお電話がかけられます。

堺筋本町店へお問合せ

受付 火~金 10:00-19:00/土 10:00-17:00
定休日:月曜・日曜・祝日

梅田店へお問合せ

salon de Aliceへお問合せ

受付 月・火・木・金 11:00-20:00/土 10:00-17:00
サロン 10:00-21:00
定休日:水曜・日曜・祝日

湿布・塗り薬(痛み止め)商品の一覧

湿布の違いは?

病院で処方される湿布には、様々な種類があります。テープ剤、パップ剤、成分、先発・後発などの違いがあります。それによって、効果や副作用にも差が出てきます。成分の効果の強さは、ボルタレンテープ>ロキソニンテープ>モーラステープだと言われています。湿布の副作用で一番出やすいのはかぶれです。湿布かぶれが起こりにくいのは、成分としてはロキソニンです。テープとパップを比べると、パップの方がかぶれにくいですが、テープの方が剥がれにくく匂いも少ないので、テープの方が人気です。飲み薬と効果を比べた場合、飲み薬は全身に作用し、湿布は局所に作用します。痛みが強い場合は、飲み薬と湿布を併用するのも効果的です。

商品一覧を見る

外用薬の種類

錠形 特徴
貼付剤 テープ
  • ・剝がれにくい
  • ・薄い
  • ・貼っても目立たない
パップ
  • ・剝がしやすい
  • ・貼った時に冷たい
  • ・水分を含んでいるので肌に優しい
ゲル剤
  • ・貼付剤を貼れない場所にも使える
  • ・かぶれにくい
固形軟膏剤(スティック)
  • ・携帯性に優れている
  • ・ベタつかない
  • ・手が汚れない
  • ・かぶれにくい

効果の強さ

貼付剤

  • ボルタレンテープ15mg /30mg
    ジクロフェナクナトリウムテープ15mg /30mg

    矢印

  • ロキソニンテープ50mg/100mg
    ロキソプロフェンNaテープ50mg/100mg

    矢印

  • モーラステープ L40mg/20mg

ゲル財・固形軟膏剤

  • ボルタレンゲル1%

    矢印

  • ロキソニンゲル1%

    矢印

  • フェルビナクスチック軟膏3%

かぶれの副作用の発現頻度

貼付剤

  • モーラステープ L40mg/20mg

    矢印

  • ボルタレンテープ15mg /30mg
    ジクロフェナクナトリウムテープ15mg /30mg

    矢印

  • ロキソニンテープ50mg/100mg
    ロキソプロフェンNaテープ50mg/100mg

商品一覧

LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら

梅田店

堺筋本町店

salon de Alice