MENU

ボタンをタップすると
そのままお電話がかけられます。

堺筋本町店へお問合せ

受付 火~金 10:00-19:00/土 10:00-17:00
定休日:月曜・日曜・祝日

梅田店へお問合せ

salon de Aliceへお問合せ

受付 月・火・木・金 11:00-20:00/土 10:00-17:00
サロン 10:00-21:00
定休日:水曜・日曜・祝日

ドンペリドン錠10mg

吐き気、食欲不振、膨満感、胸焼けに
ナウゼリンのジェネリック医薬品です。
弱った胃の運動を活発にして、消化活動を助けてくれるお薬です。

ドンペリドン錠10mgの詳細について

商品カテゴリー

商品名

ドンペリドン錠10mg

価格

ドンペリドン錠10mg「EMEC」
440円(15錠)
ナウゼリン(先発品)
620円(10錠)

市販薬

市販で医療用医薬品のドンペリドンを購入することはできません。

成分・含量

1錠中ドンペリドン 10mg

効果・効能

下記疾患および薬剤投与時の消化器症状(悪心、嘔吐、食欲不振、腹部膨満、上腹部不快感、腹痛、胸やけ、あい気)
成人:
・慢性胃炎、胃下垂症、胃切除後症候群
・抗悪性腫瘍剤またはレボドパ製剤投与時
小児:
・周期性嘔吐症、上気道感染症
・抗悪性腫瘍剤投与時

用法・用量

成人:通常、ドンペリドンとして1回10mgを1日3回食前に服用する。
ただし、レボドパ製剤投与時にはドンペリドンとして1回5~10mgを1日3回食前に服用する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
小児:通常、ドンペリドンとして1日1.0~2.0mg/kgを1日3回食前に分けて服用する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
ただし、1日投与量はドンペリドンとして30mgを超えないこと。
また、6才以上の場合はドンペリドンとして1日最高用量は1.0mg/kgを限度とすること。

薬効・薬理

胃・十二指腸のドパミンの働きを抑えて、消化管運動を改善し、吐き気を抑えます。

副作用

稀ではありますが、下痢、便秘、胸やけ、吐き気、乳汁分泌、女性化乳房、眠気、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

製造元

エーザイ株式会社

詳しくはメーカー
公式サイトへ

注意

注意事項欄

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある方は、必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。
LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら

堺筋本町店

梅田店