MENU

メコバラミン錠500㎍

病院で処方されるメチコバールと同じお薬です。

末梢神経の障害を改善するお薬で、しびれや痛み、突発性難聴などの症状に処方されます。

ビタミンB12は、神経だけでなく赤血球を作る働きもあります。

貧血の中でも巨赤芽球性貧血と呼ばれる貧血はビタミンB12が不足することで起こります。

また妊娠初期の赤ちゃんの脳や精髄を作るためにも欠かせない栄養素です。

妊娠中は医療用の用量と異なるため、妊活中・妊娠中で服用を検討されている方はご相談ください。
商品名 メコバラミン錠(ビタミンB12)
価格 メコバラミン錠500㎍「JG」
680円(20錠)
2680円(100錠)
成分・含量 1錠中メコバラミン500μg
効果・効能 末梢性神経障害
用法・用量 通常、成人は1日3錠(メコバラミンとして1日1,500μg)を3回に分けて服用する。ただし、年令及び症状により適宜増減する。
薬効・薬理 生体内補酵素型ビタミンB12の1種で、メチオニンを合成するのに重要な役割を果たす。メチオニン合成反応を通じて貯蔵型葉酸の利用を促進すると共に、核酸代謝にも関与する。神経細胞内核酸合成の促進や神経組織培養における神経線維の髄鞘形成の促進が報告されている。
製造元 日本ジェネリック株式会社

詳しくはメーカー
公式サイトへ

LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら

堺筋本町店

梅田店