シナール配合錠の成分・効果・副作用を徹底解説!

こんにちは

大阪で処方せんなしで病院の薬が買える薬局アリス薬局の石井です 🙂

 

抗酸化ビタミンとして有名なビタミンC!

ただやみくもに、サプリメントのんでませんか?

ビタミンCは、肌荒れ、しみ、たるみ、または風邪やガンの予防などの目的でのまれている方が多いです

 

シナールはただのビタミンCだと思ってませんか?

一番吸収効率の良いタイミングでのめてますか?

 

今回は、シナールの成分や効果について詳しく解説していきます!

シナール配合錠を処方せんなしで購入したい方はこちら

 

【成分】

1錠中

アスコルビン酸 200mg・・・ビタミンCのこと

パントテン酸カルシウム 3mg・・・ビタミンCと同時に少量服用することでビタミンCの血中濃度が高まります

ビタミンCをパントテン酸が挟むような特殊な剤形となているため、安定性の違う2つのビタミンを1つの錠剤することができています

 

【効果】

ビタミンの補充

色素沈着

 

【メカニズム】

色素沈着を改善するメカニズムは、メラニン色素の生成抑制無色化です。

詳しくご説明すると・・・

そもそも、メラニンとは、紫外線などの外からの刺激から肌を守るために存在しています!

メラニンが生成すると、紫外線を吸収して、細胞が炎症を起こしたりガン化するのを防ぐことができます

 

メラニンはチロシンというものからできます。

チロシン→ドーパキノン→メラニン

シナールはこのドーパキノンを還元することによって、メラニンの過剰な生成を抑制します

 

【副作用】

基本的には、水溶性ビタミンは不要な分は排出されるため、副作用の発現頻度は低くなっています

副作用として考えられるのは、胃不快感、悪心・嘔吐、下痢等です。

 

【飲み方】

1 回 1~3 錠又は 1~3g を 1 日 1~3 回

ビタミンCは抗酸化作用があり、ストレス、たばこ、紫外線、食品添加物などによって消耗されます。

必要な量は年齢、体型、症状、ライフスタイルなどによっても変わってきます

 

ポイントは食後に服用するということです

こういった水溶性ビタミンは能動的には吸収できません

食後に服用して、ゆっくりと胃から腸に運ばれることによって吸収される量は増えます

 

シナール配合錠を処方せんなしで購入したい方はこちら