MENU

【妊活準備】妊娠前に歯科を受診しておこう

更新日:2021年07月26日

妊活中は、赤ちゃんを迎えるための準備期間です。

女性は妊娠することで、様々な体の変化が起こり、普段通りの生活ができないこともあります。

そのため、妊活中は妊娠に備えて準備を行っておくことが大切です。

妊娠前の重要な準備の1つに、歯科検診があります。

本記事では、妊活中に歯科を受診しておくべき理由について、ご紹介したいと思います。

妊娠準備で歯科を受診するべき理由

妊活中は、赤ちゃんを迎えるために、体のメンテナンスをしておくことが大切です。

中でも、ママの口腔環境は、赤ちゃんに大きな影響を与えることがわかっています。

ここでは、妊娠前に歯科を受診すべき理由を、3つご紹介します。

1.妊娠中は歯の治療ができない可能性も

まず1つ目の理由は、妊娠中は歯の治療ができなくなる可能性があるからです。

妊娠初期は、つわりが酷く、長時間治療を受けることができない方もいます。

また、妊娠中は服用できない薬があったり、内容によっては妊娠中に行えない治療もあるのです。

妊娠中は、つわりを始め、様々な体調の変化や精神的に不安定になることもあります。

そのうえ、歯の痛みまで我慢しなくてはいけないとなると、精神的な負担が大きいでしょう。

さらに、産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、なかなか受診できないという方も多いです。

このようなことからも、妊娠前に歯科を受診し、虫歯や親知らずなど、歯のトラブルは解決しておくことをオススメします。

2.歯周病が早産のリスクを高める

2つ目の理由は、妊婦が歯周病の場合、早産や低体重児出産などのリスクが高くなるという報告があるからです。

歯周病になると「サイトカイン」や「プロスタグランディン」などの炎症物質が、体内に生産されます。

これらの炎症物質が子宮を刺激することで、早産のリスクが高くなると言われているのです。

妊婦の歯周病による早産のリスクは、口腔環境が良好な妊婦に比べ、7倍にものぼると言われています。

これは、一般的に早産や低体重児出産のリスクが高いと言われている、高齢出産や喫煙、飲酒などよりも、遥かに高い数字です。

歯周病の主な原因は、歯垢(プラーク)によるものです。

歯の磨き残しなどが原因で、口内に増える歯垢(プラーク)は、1mgの中に10億個もの細菌が住んでおり、虫歯や歯周病を引き起こします。

そして、歯垢を放置していると、硬くなり、歯石となって歯の表面に付着します。

歯石となってしまった場合は、歯磨きだけでは取り除くことができないため、歯科で治療を受けなければいけません。

歯周病を防ぐためにも、普段の丁寧なブラッシングが大切です。

しかし、ブラッシングだけでは、磨き残しがある可能性も高いため、妊娠前に歯科を受診し点検してもらうと安心ですよ。

3.虫歯菌が赤ちゃんに伝播

3つ目の理由は、お母さんやお父さんの虫歯菌が、赤ちゃんに伝播する可能性があるからです。

虫歯の原因となる、ミュータンス菌(虫歯菌)は、生後間もない赤ちゃんの口腔内には存在しません。

乳歯が生え始めるころ(生後6ヶ月頃)から3歳頃の間に、家族との口移しなどによって、唾液を介してうつることがわかっています。

できるだけ「食事中のスプーンやお箸などを共有しない」「食べ物を口移ししない」など気を付けることも大切ですが、ママやパパが口の中のミュータンス菌(虫歯菌)を減らすことも大切です。

これから生まれてくる赤ちゃんの歯を守るためにも、妊娠前から歯科を受診し、口腔内を清潔に保つことを心がけましょう。

妊娠前には歯科検診で赤ちゃんを迎える準備を

妊娠前には歯科検診で赤ちゃんを迎える準備を

今回ご紹介したように、妊娠前の準備として、歯科を受診しておくことは、とても大切です。

口腔環境を整えることは、妊娠中のお母さんを守るだけでなく、お腹の中の赤ちゃんを守ることにも繋がります。

これから妊活を始める方、現在妊活中の方は、本記事を参考にしていただき、歯科を受診されてみてはいかがでしょうか。

参照:歯周病と妊婦/日本臨床歯周病学会

参照:妊娠前から妊娠期、授乳期のQ&A/日本歯科大学附属病院

参照:歯周病と早期低体重児出産との関連

参照:母子感染のお話/こどもの森デンタルケア なかい歯科クリニック

妊活漢方についてはこちら

LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら

堺筋本町店

梅田店