MENU

月経困難症とは

更新日:2021年07月26日

月経困難症とは

月経困難症とは、下腹部や腰痛などの疼痛やそれに付随する症状(頭痛、悪心、嘔吐)などをさします。

月経困難症には、

1、機能性月経困難症と2、器質性月経困難症があります。

1、機能性月経困難症

イライラする女性

身体的な病気や原因がないのに症状がでる。

・思春期に特に多く見られる。

・ストレスなどで増悪する。

・排卵性月経に伴って起こる。(無排卵性月経では通常怒らない)

・月経の初日~2日目に症状が強く。1日で軽減することが多い。

■機能性月経困難症について詳しくはこちら

2、器質的月経困難症

お腹を押さえる女性

・直接的な原因となる病気がある

・30際以降に多く見られる

・月経期間中、痛みが持続する場合が多い。

「つらい生理痛」と言っても、機能性月経困難症と器質的月経困難症では、主な治療方法が異なっています。

少しでも、つらい生理痛を感じたときには我慢せず婦人科を受診しましょう。

■器質性月経困難症について詳しくはこちら

妊活漢方についてはこちら

LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら

堺筋本町店

梅田店