オロパタジンの効果・副作用・市販薬について徹底解説!

こんにちは

大阪で処方せんなしで病院の薬が買える薬局アリス薬局の石井です 🙂

 

秋の花粉症が始まる時期は、お盆が過ぎた頃から1月頃までのようです。

春の花粉症も2月くらいから始まる人もいるので、花粉症と慢性鼻炎はもうどっちかわからないレベルですね。

 

そんなシーズンにドラックストアへ行くと、たくさんのアレルギー薬、鼻炎薬が置いています!

ドラックストアでは取り扱えない効果の高い病院の薬かつ、副作用の少ない第2世代のお薬。

それが「オロパタジン」=「アレロック」です!

 

そこで、今回は「オロパタジン」の成分や効果について解説していきたいと思います!

 

アレロックを処方せんなしで購入したい方はこちら

 

【成分】

オロパタジン塩酸塩

2.5mgと5mgがあります

 

【効果】

成人:アレルギー性鼻炎、蕁麻疹(じんましん)、皮膚疾患に伴うかゆみ(湿 疹・皮膚炎、痒疹、皮膚瘙痒症、尋常性乾癬、多形滲出性紅斑)

小児:アレルギー性鼻炎、蕁麻疹(じんましん)、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、 皮膚瘙痒症)に伴うかゆみ

 

【メカニズム】

アレロック(オロパタジン)は、抗ヒスタミン薬というグループのアレルギーのお薬です。

ヒスタミンはアレルギーを引き起こす物質の一つで、鼻水や涙などの分泌物を放出するのを促進します。

このヒスタミンは、ヒスタミンの受容体に作用して働きます。

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンが受容体に作用するのを邪魔して、アレルギー症状を緩和します。

 

【副作用】

眠気・喉の渇き

抗ヒスタミン薬には、古いお薬の「第一世代」と新しいお薬の「第二世代」があります。

第一世代は眠気の副作用が強く、「アレルギーの薬は眠くなる」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし、第二世代の抗ヒスタミン薬は、脳への移行性が減り、眠気の副作用は格段に減少しました。

アレロック(オロパタジン)もその第二世代の抗ヒスタミン薬のうちの一つです。

第二世代の中では副作用は出やすい方ですが、発現率は5%前後くらいです。

 

【飲み方】

成人:1回オロパタジン塩酸塩として5mgを 朝及び寝る前の1日2回。

小児:7歳以上の小児には1回オロパタジン塩酸塩と して5mgを朝及び就寝前の1日2回。

 

【花粉症でのむ場合】

花粉症の場合は、花粉症の症状がピークに達する1週間前にのむことをおすすめします。

症状が軽いうちからのむことで、ピーク時の花粉症の症状を軽減することができます

 

【市販薬】

アレロックは市販薬がありません。

アレグラやアレジオンはありますが、同じ抗ヒスタミン薬でも、成分が違うので効き目や副作用は違ってきます。

 

アレロックを処方せんなしで購入したい方はこちら