MENU

妊娠の確率を上げる!重要なタイミング!

更新日:2021年07月26日

”約30%”

これは、健康な20代の男女が、妊娠しやすいタイミングで性交渉を行った場合の一回の成功率です。

さらに、この確率は、年齢が上がるにつれて低下していきます。

妊娠は奇跡とも言えるほど、様々な偶然が重なり合っているため、性交渉を行えば妊娠に至るというわけではないのです。

そこで、本記事では、妊娠確率を上げる方法について、ご紹介したいと思います。

妊活中の方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

妊娠の確率を上げるタイミング

妊娠の確率を上げる為に、最も大切なことは「性交渉のタイミング」です。

女性には、生理周期があり、妊娠しやすい時期と、そうではない時が存在します。

では、妊娠しやすい時期、効果的な性交渉のタイミングとは、いつなのでしょうか。

排卵日1日前

妊娠の確率を上げる効果的な性交渉のタイミングは【排卵日1日前】だと言われています。

なぜなら、女性の卵子の寿命は排卵から約8時間で、男性の精子は射精後約72時間だからです。

妊娠する為には、卵子が短い寿命の間に、精子と出会い受精する必要があるのです。

つまり、排卵してすぐに卵子が精子と出会えるように、排卵日2日前〜排卵日当日に性交渉を行うことが効果的だと言えます。

ただし、精子は射精後、子宮頸管を通って子宮内に入り、卵管内の卵子を目指しながら進んでいきます。

そのため、排卵日当日よりも排卵日1日前の方が、妊娠の確率が高いと言えるでしょう。

排卵日を予測する方法

妊娠の確率を上げるためには、自分の排卵日を予測することが大切です。

排卵日を予測するためには、下記のような方法があります。


・生理周期を知る

・基礎体温を記録する

・排卵日予測検査薬を使用する


特に、基礎体温は、排卵だけでなく様々な体の変化に気づくキッカケになりますので、妊活を行う際は必ず記録するようにしましょう。


詳しくは、こちらの記事をご確認ください。

基礎体温の正しい測り方とは?

妊娠の確率を上げる性交渉の頻度

妊娠の確率を上げるためには、排卵日1日前に性交渉を行うことが大切です。

しかし、排卵日の前日にだけ性交渉を行っていれば、妊娠できるというわけではありません。

妊娠の確率を上げるためには、性交渉の頻度も重要なポイントとなってきます。

1〜2日おき

妊娠を希望し、できるだけ確率を上げたい場合は、妊娠しやすい時期(排卵日前後)は性交渉を1〜2日おきに行うと良いでしょう。

なぜなら、基礎体温を記録していても、毎回確実に排卵日を予測できるというわけではないからです。

前述のように、精子の寿命は約72時間ですので、1〜2日おきに性交渉を行うことで、タイミングを逃しにくくなります。

性交渉の頻度と精子の関係

性交渉を頻度が高い(射精の回数が多い)と、精子濃度が薄くなり、精液内の精子の数が少なくなるのでは?と不安を感じている方もいるようです。

しかし、実際には、精巣で日々新しい精子が作られており、射精を毎日行っても、精子数や精子の運動率に変化はないということがわかっています。

さらに、乏精子症の人の場合は、毎日射精を行う方が、精子濃度や運動率が良くなるといったデータもあるのです。

また、長い禁欲が続くと、精子の質や動きが悪くなることからも、定期的に射精を行うことは大切だと言えます。

妊娠の確率を上げるライフスタイル

妊娠の確率を上げるためには、日々の生活習慣も重要です。

ここでは、妊娠の確率を上げるために、普段の生活で気をつけていただきたいことを紹介します。

バランスの取れた食生活

食生活は、妊娠に大きく影響を与えます。

バランスの取れた食事を心がけることで、妊娠に必要な栄養を摂取することができますし、適切な体型の維持にも繋がります。

詳しくは、こちらの記事をご確認ください。

【妊活中の食事】必要な栄養素とは

禁煙

喫煙は、不妊や流産のリスクを高めるということがわかっています。

男性の場合は、精子濃度や運動率が低下し、奇形精子の率が増加することで妊娠の確率が下がるのです。

こういった事からも、妊娠を希望する場合は、男女共に、禁煙するべきだと言えるでしょう。

カフェインの多量摂取を避ける

多量のカフェインは、体を冷やす原因にもなりますし、妊娠率の低下にも繋がります。

1日に、コーヒー1杯程度であれば問題はありませんが、1日5杯以上ものコーヒーを飲むなど、カフェインの多量摂取は避けた方が良いでしょう。

冷え性を改善

冷え性など、体が冷えていると、血流が悪くなり、妊娠しづらくなります。

妊娠の確率を上げるためには、できるだけ体を冷やさないように心がけましょう。

詳しくは、こちらの記事をご確認ください。

不妊に悩む女性必見!冷え性対策が妊活のカギ

質の良い睡眠

睡眠不足や、質の悪い眠りが続くと、妊娠しにくくなります。

妊活中は、最低でも6時間以上の睡眠を確保するようにしましょう。

詳しくは、こちらの記事をご確認ください。

睡眠不足が不妊の原因に!?妊活中に必要な睡眠時間とは?

適度な運動

妊活中は、適度な運動を取り入れることも大切です。

激しすぎない有酸素運動には、血行促進やストレス解消などの効果があり、妊活中にオススメです。

詳しくは、こちらの記事をご確認ください。

妊活中に必要な運動の頻度や時間

妊活中の運動はOK?妊活中にオススメの運動

妊娠の確率を上げる為には年齢も重要なポイント

妊娠の確率を上げる為には年齢も重要なポイント

今回ご紹介したように、妊娠の確率を上げるためには、性交渉のタイミングや頻度が最も大切です。

また、生活習慣の中にも、妊娠率に影響を与えているものもありますので、ぜひ一度見直してみてはいかがでしょうか。

さらに、年齢が上がるにつれて、妊娠率は低下するため、計画的に妊活を行うことも重要です。

アリス薬局では、漢方に精通した薬剤師が充分にカウンセリングを行い、お客様のお悩みや体質に合わせて、最適な漢方薬をご提案させていただきます。

まずは、お気軽にご相談ください。

参照:自然妊娠の確率をあげるには?/美加レディースクリニック いちご通信

妊活漢方についてはこちら

LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら

堺筋本町店

梅田店