MENU

トキソプラズマが妊娠に与える影響

更新日:2021年07月26日

トキソプラズマが妊娠に与える影響

妊活中や妊娠中は、通常時よりも健康に気をつける必要がありますよね。

色々と気をつけたい病気や感染症がありますが、本記事では「トキソプラズマ症」について、ご紹介したいと思います。

トキソプラズマ症とは?

トキソプラズマ症とは「トキソプラズマ」という原虫によって引き起こされる感染症のことです。

トキソプラズマは、哺乳類や鳥類の体内に寄生する微生物で、人間にも感染します。

症状

トキソプラズマ症に感染しても、免疫機能が正常であれば、無症状のことが多いです。

場合によっては、微熱やリンパ節の腫れなどの症状が現れることもありますが、基本的には自然に症状は治まります。

ただし、幼い子どもや、高齢者などの免疫機能が低下している人の場合、重症化する可能性もあるため注意が必要です。

重症化した場合には、脳炎や言語障害、錯乱、昏睡、肺炎や心筋炎などの症状が現れる可能性があります。

感染経路

トキソプラズマが、ヒトからヒトに感染することは、ありません。

トキソプラズマへの主な感染経路には、下記のようなものが挙げられます。

・生肉または加熱が不十分な肉による感染

トキソプラズマは、私たちが普段、口にしている豚や牛、鶏などに寄生することもあります。

そのため、生肉やレア肉を食べることでトキソプラズマに感染する可能性があるのです。


【予防策】

きちんと加熱(67℃以上で1〜2分)することで、トキソプラズマを死滅させることができます。

また、-20℃で8時間以上冷凍することでも、トキソプラズマを死滅させることが可能です。

・ガーデニング等の土砂による感染

ネコの糞から排出されたトキソプラズマの卵が、土や砂に含まれていることがあります。

トキソプラズマの卵の感染力は1年以上もあり、ガーデニングや砂遊びなどから感染する可能性があるのです。


【予防策】

ガーデニングや砂遊びをする時は、手袋を着用することで、トキソプラズマへの感染を防ぐことができます。

また、土いじりをした後、石鹸で手洗いをしっかり行うことも、感染予防の1つです。

さらに、野菜や果物についた土から感染する可能性もありますので、野菜や果物はよく洗ってから食べるようにしましょう。

・飼い猫などから感染

猫がトキソプラズマに感染している場合、トキソプラズマの卵が糞便と共に排出されます。

ヒトが、その糞便の処理やトイレ掃除などを行うことで、感染する可能性があるのです。


【予防策】

猫と触れ合ったり、トイレ掃除などを行ったあとは、石鹸で丁寧に手洗いを行うことが大切です。

猫を飼っている人は、愛猫がトキソプラズマに感染していないか抗体検査を受けてみても良いでしょう。

できるだけ室内で飼育し、愛猫がトキソプラズマに感染するリスクを下げることも重要です。

また、野良猫など、きちんと飼育されていない猫には触れないようにすることも、感染対策になります。

トキソプラズマが妊娠に与える影響

前述の通り、トキソプラズマ症は、感染してもほとんどの場合が無症状です。

ただし、妊娠中の女性は注意が必要です。

妊娠中に初めてトキソプラズマに感染した場合、胎盤を通して胎児に感染し、先天性トキソプラズマ症を発症する可能性があるからです。

妊娠末期に感染するほど胎児への感染率は高いのですが、妊娠初期に感染した場合は、重症化のリスクが高くなると言われています。


トキソプラズマが胎盤を通して胎児に感染した場合、下記のような症状が起こる可能性があるため注意が必要です。

・死産

・流産

・水頭症

・脈絡膜炎による視力障害

・脳内石灰化

・精神運動機能障害

・リンパ節腫脹

・肝機能障害 など


さらに、出生時は無症状でも、成長過程で発症する可能性もあります。

トキソプラズマの検査

トキソプラズマの検査

先天性トキソプラズマ症は、妊娠中の女性が初めてトキソプラズマに感染することでおこります。

そのため、まずは自分がトキソプラズマの免疫を持っているかどうかを、調べてみると良いでしょう。

トキソプラズマの抗体の有無は、血液検査によって診断することができます。

抗体検査にかかる費用は、自費の場合、およそ1,000円〜2,000円程度です。

検査は、内科や産婦人科など、多くの医療機関で受けることができます。

ブライダルチェックの項目に、トキソプラズマ抗体検査が含まれていることもありますので、ブライダルチェックを受けられる際は、事前に確認しておくと良いでしょう。

参照:妊婦さんおよび妊娠を希望されている方へ 

妊活漢方についてはこちら

LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら

堺筋本町店

梅田店