MENU

痔に効くボラザG軟膏を薬局で購入する方法

更新日:2021年07月26日

痔に効くボラザG軟膏を薬局で購入する方法

ボラザG軟膏
ボラザG軟膏

 

こんにちは!

大阪で「処方箋なしで病院の薬が買える」アリス薬局の薬剤師 石井結衣です。

 

アリス薬局のHPはこちら

 

本日はボラザG軟膏について解説していきたいと思います。

ボラザG軟膏は、医療用医薬品として「ボラザG軟膏」という名前で販売されています。

このボラザG軟膏は病院で出してもらう以外に入手方法はないのか?

 

あります!

 

市販で医療用医薬品のボラザG軟膏を購入することはできません。

処方箋なし(零売)薬局で買いましょう!

 

ボラザG軟膏処方せんなしで購入したい方はこちら

 

1、どんな薬?

 

【成分量】

1容器(2.4g)

・トリベノシド 271.2㎎

・リドカイン54.2㎎

 

【効果】

1.痔核に伴う症状(出血、疼痛、腫脹)の緩解   

2.裂肛に伴う症状(出血、疼痛)の緩解、裂創上皮化の促進

 

【働き】

肛門部の腫れを改善する成分と、鎮痛作用をもつ局所麻酔薬を合わせた製剤です。

痛み止め、浮腫み抑制して、傷の改善もできます。

表面麻酔作用をする事により、直腸・肛門部の痛みを抑えます。

 

【用法及び用量】

内痔核には、通常1回1容器分(注入量でトリベノシドとして200mg、リドカインとして40mg)を、1日2回朝夕肛門内に注入する。症状に応じて適宜回数を増減する。

裂肛、外痔核には、通常適量を1日2回朝夕患部に塗布又は注入する。症状に応じて適宜回数を増減する。

 

ボラザG軟膏を処方せんなしで購入したい方はこちら

 

【副作用】

妊婦や小児等への安全性は確立していませんが、副作用は殆どありません。

 

2、ボラギノールとどう違うの?

「痔にはボラギノール」というキャッチフレーズで有名ですが、市販の痔のお薬であるボラギノールとはどう違うのでしょうか。

ボラギノールA注入軟膏と成分を比較してみましょう!

<ボラギノールA注入軟膏>

プレドニン…1mg

リドカイン…60mg

アライトイン…20mg

ビタミンE…50mg

 

<ボラザG軟膏>

トリベノシド…271.2㎎

リドカイン…54.2㎎

 

ん?この比較では、ボラギノールの方が成分もたくさん入っていて、リドカインの含有量も多いので、ボラギノールの方が優秀ではないかと思われる方もいらっしゃるかと思います。

結論から言うと、違います!

ボラギノールは200年も前からある古いお薬です。

それとは逆にボラザGは、1994年に製造販売された新しいお薬になります。

この新しいお薬であるボラザGが決定的に優れている点は、ステロイドを含まないことです。

ボラギノールに含まれているプレドニンという成分は、ステロイドであり、炎症を抑える作用もありますが、免疫を下げてしまうという副作用もあるため、創傷部位の治癒に時間がかかってしまうという欠点があります。

一方、ボラザG軟膏はトリベノシドに局所麻酔剤のリドカインを配合した軟膏製剤です。

トリベノシドは、炎症を抑制するという点ではステロイドと同じ働きですが、創傷治癒促進作用を有する点で全く異なる製剤なんです。

 

このことよりステロイドを含有する従来品のように、創傷の治癒を遅延させない!むしろ、治癒を促進する優れたお薬です!

 

3、購入方法は?

【市販薬】

市販薬でステロイドを含有せず治癒を促進する痔のお薬は現在ありません。

そして、医薬品のボラザG軟膏は市販では購入することができません。

 

【処方箋無しで購入】

大阪の零売薬局であれば、ボラザG軟膏を処方箋なしで購入することができます。

 

ご注文はこちら

 

大阪:アリス薬局 https://aliceyakkyoku.com/product-list

お気軽にお問合せ下さい。

 

3.お問い合わせ

お電話、お問い合わせフォームなどからお気軽にお問い合わせください

住所:大阪市中央区北久宝寺町2-4-14 1階

電話番号:06-7710-6509

 

HP:https://aliceyakkyoku.com

 

メーカー情報

 

くすりのしおり

[contact-form-7 id=”3389″ title=”writer”]

 

LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら

堺筋本町店

梅田店