MENU

ピリドキサールは病院に行かなくても買える!薬剤師が徹底解説!

更新日:2021年07月26日

ピリドキサールは病院に行かなくても買える!薬剤師が徹底解説!

ピリドキサール
ピリドキサール

こんにちは!

大阪で「処方箋なしで病院の薬が買える」アリス薬局の薬剤師 石井結衣です。

 

アリス薬局のHPはこちら

 

本日はピリドキサールについて解説していきたいと思います。

ピリドキサールは、医療用医薬品として「ピリドキサール錠」という名前で販売されています。

このピリドキサール錠は病院で出してもらう以外に入手方法はないのか?

 

あります!

 

市販で医療用医薬品のピリドキサール錠を購入することはできません。

処方箋なし(零売)薬局で買いましょう!

 

ピリドキサール錠を処方せんなしで購入したい方はこちら

 

1、どんな薬?

 

【成分量】

1錠中

ピリドキサールリン酸エステル水和物30㎎

 

【効果】

・口内炎

・湿疹

・にきび

 

【働き】

ピリドキサールはビタミンB6製剤です。多くのアミノ酸の代謝を助けています。

正常な免疫機能の働きの維持、末梢神経炎の炎症、脂質の代謝にも関与しており

食品には野菜類、バナナ、豆類、魚介類、肉類などに多く含まれています。

ビタミンB6の欠乏によって起こる皮膚・粘膜の炎症や、食事からビタミンB6の摂取が不十分な際の補給などに用いられます。

また、ビタミンB6は女性ホルモン(エストロゲン)の代謝に関わるため、PMSの緩和や、GABAやドーパミン、セロトニンを生成する過程で必須のビタミンなので、うつ傾向や不眠にも効果的です

長期間、抗生物質を投与されている方は、ビタミンB6の不足になる恐れが指摘されている為、注意が必要です。

さらに、食材の栄養価が年々減ってきているため、偏った食事をしていると体内のビタミンB6が枯渇し、肌荒れや口内炎などの症状を引き起こします。

 

【用法及び用量】

常成人1日10〜60mgを1〜3回に分割経口投与する。

 

ピリドキサール錠を処方せんなしで購入したい方はこちら

 

【副作用】

ほとんどありません。

 

2、購入方法は?

【市販薬】

健康食品やサプリメントでも類似商品が販売されていますが、医薬品のピリドキサール錠は市販では購入することができません。

 

【処方箋無しで購入】

大阪の零売薬局であれば、ピリドキサール錠を処方箋なしで購入することができます。

 

ご注文はこちら

 

大阪:アリス薬局 https://aliceyakkyoku.com/product-list

お気軽にお問合せ下さい。

 

3.お問い合わせ

お電話、お問い合わせフォームなどからお気軽にお問い合わせください

住所:大阪市中央区北久宝寺町2-4-14 1階

電話番号:06-7710-6509

 

HP:https://aliceyakkyoku.com

 

メーカー情報

健康長寿ネット

おくすり110番

 

[contact-form-7 id=”3389″ title=”writer”]

 

LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら