MENU

ボタンをタップすると
そのままお電話がかけられます。

堺筋本町店へお問合せ

受付 火~金 10:00-19:00/土 10:00-17:00
定休日:月曜・日曜・祝日

梅田店へお問合せ

salon de Aliceへお問合せ

受付 月・火・木・金 11:00-20:00/土 10:00-17:00
サロン 10:00-21:00
定休日:水曜・日曜・祝日

ヒルドイドは顔に使っても大丈夫?

更新日:2022年10月25日

ヒルドイドは顔に使っても大丈夫?

こんにちは!
処方箋なしで病院の薬が買える薬局(零売薬局)アリス薬局の美白・肌荒れ改善アドバイザー 中村茉優です。

本日はヒルドイドについてお話していきたいと思います。
風が冷たくなってきて冬がもうすぐやってくると感じるこの時期、身体やお顔で気になられている部分などは出てきていませんでしょうか。
お客様のお話を伺っていると「乾燥が気になる」「お肌がカサカサしてかゆい」というお声が多くなってきています。特に、お顔やお身体全体が乾燥しやすい季節だと思います。

ヒルドイドは、乾燥やアトピーにお悩みの方、しもやけやキズ跡に有効なお薬の代表です。

乾燥すると、痒みやヒリヒリして痛くなったりしますよね?
ヒルドイドというお薬名をお聞きになったことがある方も多いのではないでしょうか?
ヒルドイドは顔に塗っても大丈夫かというご質問もよくいただくのですが、その内容について詳しく解説していきたいと思います。

 

1.ヒルドイドとは?

ヒルドイドとは

ヒルドイドの主成分はヘパリン類似物質といわれるもので、高い保湿効果を期待することができます。また、アレルギー症状や乾燥の症状を和らげてくれます。血行促進の効果もございますので、血行障害の症状を軽くしてくれる効果があります。ケロイドや皮脂欠乏症などの治療にも用いられます。

ヒルドイドのお薬の詳細はこちら

 

2.ヒルドイドにはどんな保湿剤の種類があるのか?

ヒルドイドの種類

医療用医薬品のヒルドイドには種類がございます。

軟膏、ローション、泡タイプなど、ご自身の使い心地で選ばれたり使用する部位で使い分けられたりする方もいらっしゃいます。塗った後に少しべたつくのが苦手な方にはローションタイプがおすすめです。ローションタイプはお顔もお身体もご使用いただけますが、お身体に塗られたい場合、泡スプレータイプですと伸びが良いので持ちも良くおすすめです。軟膏はローションタイプや泡スプレータイプに比べると、伸びは大きくはございませんが、より保湿効果を求められている方に合ったものかと思われます。

 

3.そもそもお肌ってなぜ乾燥するの?

乾燥する原因

お肌の表面にある一番外側の角質層が乾燥の原因となるものといわれています。乾燥に対しての大きな原因はお肌のバリア機能が低下しているということです。バリア機能が低下していることによって、外からの刺激やアレルゲンからお肌を守ってくれる働きがあります。お肌に大切な脂質や水分を逃がさないように保ってくれるのがバリア機能の働きです。お肌に脂分が多すぎてもニキビの原因になってしまいますが、お肌から水分がなくなってしまったら蒸発するように、脂質もお肌のバリア機能を保つには大きな役割を果たしているのです。

また、お肌は約1ヶ月~1ヶ月半でターンオーバーが行われ、新しいお肌へと生まれ変わる仕組みになっています。しかし、生活習慣の乱れ等によって、ホルモンが上手く分泌されなくなり、お肌のターンオーバーのサイクルが滞ってしまいます。

紫外線はシミやシワの原因になりますが、乾燥の原因にも大きく関係してくるのです。空気や紫外線、スキンケア、生活習慣によってもお肌の乾燥に大きく関わってきます。特に冬は暖房がずっと効いている空間にいることが多いため、空気が乾燥してお肌の乾燥へと導かれることが多くなります。

お食事内容でビタミンA(鶏・豚のレバー、かぼちゃなど)やB6(カツオ、マグロ、バナナなど)を含むものを積極的に摂取されて、適度にヒルドイドなどの保湿剤を使用されることによってお肌に負担をかけることなく乾燥を防いでいくのが良いと思います。

 

4.ヒルドイドは顔に使っても大丈夫?

ヒルドイドは顔に使用しても良いのか

このご質問はよくお客様からいただきます。

ヒルドイドは身体だけに使用するものではありません。

もちろんお顔にもご使用いただけます。医療用医薬品にはなりますが、スキンケアにも取り入れていただけるほどしっかりと保湿効果を得ることが出来るお薬です。

 

5.ヒルドイドには副作用はあるのか?

副作用について

頻度は稀ではありますが、人によってはそう痒・発赤など皮膚の刺激感を感じる方がいらっしゃいます。
何か異変を感じられた場合は使用を中断し、かかりつけのお医者様、または薬剤師にご相談ください。

ヒルドイドを使用する際の注意点

ヒルドイドは傷を治してくれる効果がありますが、血行を促進する作用があるため、より出血を促してしまうことになりかねません。炎症が起きてしまっている傷口や切り傷の部分に直接塗布はやめておくようにしましょう。

ご使用の際、用法用量を正しく守ってお使いいただければ問題ございません。

用法用量

軟膏:通常、1日1~数回適量を患部に塗擦またはガーゼ等にのばして貼付する。
ローションタイプ:通常、1日1~数回適量を患部に塗布する。
泡スプレータイプ:通常、1日1~数回適量を患部に噴霧する。

ヒルドイドのお薬を処方箋なしで購入したい方はこちら

 

<参考文献>
引用:くすりのしおり
https://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=14227

引用:ASERAクリニック 【高保湿】ヒルドイド軟膏の特徴や使い方、気になる効果を解説
https://asera-osaka.jp/hirudoid-ointment/

引用:EPARK くすりの窓口 ヒルドイドに市販薬はある?類似した市販薬も紹介
https://www.kusurinomadoguchi.com/column/hirudoid-10821/

 

製造販売元

ヒルドイドソフト軟膏、ヒルドイドローション、ヒルドイドクリーム マルホ株式会社
マルホ株式会社の製品説明はこちら

零売薬局とは?

「処方箋なしで、病院のお薬が買える薬局」のことです。

病院のお薬は、医療用医薬品と呼ばれ、ドラックストアなどで買える一般用医薬品よりも比較的効果の高いものが多いです。
その中で、美肌・美白、アレルギー、胃、肝臓のお薬や解熱鎮痛剤、ビタミン剤、漢方薬などは、病院で処方箋を書いてもらわなくても薬局で直接購入できます。

血圧・糖尿病のお薬や向精神薬など、取り扱いの難しいお薬は、必ず処方箋が必要になります。

購入の流れ

①LINEor問い合わせフォームからお問い合わせ
(直接ご来店でも、もちろん可能ですが、事前に在庫の有無などご相談いただければお待たせすることなくご案内可能です。)

お問い合わせはこちら

②ご来店
今飲んでいるお薬を確認されたい方は、お薬手帳をお持ちください。
保険証は不要です。(処方箋調剤の場合は必要です。)

③問診票のご記入
今飲んでいるお薬との飲み合わせや既往歴についてご不安な方はこちらでご記入ください。

④お薬の説明
お薬の飲み方や効果について説明差し上げます。

⑤お会計
現金、クレジットカード、交通系電子マネー、QUICPay、ID、paypay、LINEpayがご利用いただけます。

店舗情報

処方箋なしで病院の薬が買える薬局「アリス薬局」梅田店 & salon de Alice
住所:〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目5-21 松木興産ビル 3階
梅田店 TEL:06-6476-8886
salon de Alice TEL:070-8309-6951

処方箋なしで病院の薬が買える薬局「アリス薬局」堺筋本町店
住所:大阪市中央区北久宝寺町2-4-14 1階
TEL:06-7710-6509

LINE

LINEでの
お問い合わせ
はこちら

梅田店

堺筋本町店

salon de Alice